バレエダンサー整体アミカル Body-Repoコラム

ケガを時バレエを休むべき怪我とは

すべての怪我でバレエを休む必要はないと考えています。

しかし、休むべき時は休んで方がいい。

怪我をしてバレエをお休みした方がいい時の判断について

長年のトレーナー治療家としての経験でお伝えします

 

第1に

日常生活に支障がある怪我はバレエはお休みした方がいいでしょう。

授業中に座ってもつらい、体育の授業が出来ない時は、当然バレエもお休みした方がいいでしょう。

第2に専門的な判断になりますが、炎症症状の強い怪我です。

炎症症状には5大炎症症状があります、

疼痛、赤み、腫れ、変形、機能障害の5つです。

これらの5大炎症症状の強さ、程度、該当数です。

 

第3にテーピングなどをしてバレエをやってみて、

かばったり、普通にバレエが出来ないけがはやめた方がいいでしょう。

 

もちろん、

これらの判断は自分だけでなく周りの人と相談しながら決めましょう。

そしてもしバレエを休んだ時には、

休みっぱなしはよくありません。回復を遅らせます。

 

バレエは休んでも身体は休ませる必要はありません。

必ず治療、筋トレをして回復速度を速めましょう。

怪我でバレエを休む打法がいいけがと休まない怪我についてお話します。

バレエダンサー整体アミカル代表

柔道整復師/日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー/スポーツ科学修士      

田上 潔

バレエ教室 バレエアミカル
バレエ整体バレエダンサー整体アミカル
LINEからのお問合せご予約

お気軽にご相談お問合せください

お電話でのお問合せ、ご予約はこちらから

03-3326-1017

ご相談はご予約は原則年中無休で受付
但し、施術繁忙時間帯は折り返しとなる場合があります.

お電話ご予約 03-3326-1017 

アミカルです。と電話に出ますので、

「ご予約」希望とおっしゃって下さい。

続けて、治療プラン、お名前・ご希望のお日にちお時間をお伺いしますので、

予め第3希望までご検討を下さい。

QRコード読み込み画面が開きますので、QRコードを読み込んでご登録下さい。

お名前、ご希望のお日にちお時間を第3希望までお知らせ願います.

予約状況を確認次第返信させて頂きます。

ご予約ページが開きますので、フォームに沿ってご入力頂き送信ボタンを押してください。

予約状況を確認次第折り返し返信させて頂きます。

バレエ整体
バレエダンサー整体アミカル
サイドメニュー

 バレエダンサー整体アミカル
   ↓ 施設紹介動画 ↓

友だち追加
感染拡大徹底宣言に
ご協力お願い致します.

お問合せはこちら

LINEから気軽に
ご相談,お問い合わせ
ご予約,キャンセルが
可能です。

お電話でのお問合せ、ご相談、ご予約
繁忙時間帯は折り返しとなります.

03-3326-1017