バレエのかかとの痛み,三角骨障害,長拇指屈筋腱炎はバレエケガ痛み復帰と再発予防専門バレエ整体 

バレエダンサー整体アミカル

〒182-0004 東京都調布市入間町1-39-35ハイムM&S成城北地下1階バレエアミカル内
小田急線成城学園前駅からバス6分「南入間町」下車徒歩30秒
バレエスタジオでバレエに特化した施術やトレーニングをしている整体です.

電話相談/ご予約
03-3326-1017
お休み
水曜日

バレエのかかとの痛みについて

バレエで見られるかかとの痛みは、別名後方インピンジメント症候群と言われ、三角骨障害や長拇指屈筋腱炎が代表であります. その他アキレス腱炎(内側型、外側型)、滑液砲炎、踵骨骨端症(成長痛)などがあります.

これらの症状についての解説や対策バレエダンサー整体アミカルでお手伝い可能なサポート内容についてご説明致します.

このページを書いた人
バレエダンサー整体アミカル 
代表 田上 潔

足のケガが多い柔道や新体操のトレーナーとして長年治療及びトレーニングに携わる.          大学院では身体の発育発達に関する研究を行い成長期のケガや障害にも詳しい.

バレエ,かかとの痛みで一番多い
『後方インピンジメント症候群』について

バレエは、足に負担が掛かることが多く、足首の捻挫に次いで踵周辺の痛みやケガも多くみられます.

その中でも一番多いのが、後方インピンジメント症候群と言われる症状です.

踵付近の足の骨格構造は 三角骨とは足の骨の中に距骨(きょこつ)という骨があります. その距骨の後ろの溝の部分を長拇指屈筋腱(ちょうぼしくっきんけん)と言う腱が通過します.この距骨の溝と腱とで衝突や摩擦(インピンジメント)が起こることで痛みや炎症が起こる症状です.

単なる摩擦だけでレントゲン検査上骨に異常がないとされる症状は、長拇指屈筋腱炎と診断されます. 骨が衝突や摩擦で三角状に変形した場合は三角骨症候群と言う診断がされます.

後方インピンジメント症候群には、

①骨に異常がなく骨と腱の摩擦によるもの=長拇指屈筋腱炎

②骨が三角状に出っ張って変形してしまうもの=三角骨障害

2つがあります.

【右足の骨格斜めから見たところ】

赤の点線で囲まれた部分(距骨)に三角骨が生じている場合がある

【右足の骨格内側やや斜めから見たところ】

赤の点線で囲まれた部分(距骨)に三角骨が生じる場合がある.
近くの溝を(長拇指屈筋腱溝)を長拇指屈筋腱が走行する.

【右足の骨格筋腱の走行を内側から見たところ】

赤丸点線が三角骨を形成する部分 その近くを長拇指屈筋が通過し腱となり親指の裏側に停止する
ポワントキープで圧迫されたり、ポワント⇔アテールで擦れたりするため痛みが発生する.

バレエ,後方インピンジメント症候群の根本的な原因

動作的な原因として、ポワントの際に以下が不十分の可能性があります.

引き上げが足りず踵や距骨が押せいない

アンディオールが未完成のため距骨が内側に入る

甲出しが不十分で甲が落ち長拇指屈筋腱を引っ張る

時期としては、

ポワントの履きはじめでレッスン量が増加

コンクールなどの前にレッスン量が増加

同じ動作の繰り返しが増加

ケガの影響、

足首の捻挫をして足首の関節が緩くなってしまっていると関節が内反しやすくなり(内反とはバレエで言う鎌足のこと)なり、踵の内側で骨と腱が衝突や摩耗を繰り返す発症するリスクがあります.

バレエ,後方インピンジメント症候群の対策

先ずは整形外科で画像確認

踵に痛みが出て収まらない場合は、自己判断せずに先ずは整形外科などの病院(なるべくバレエやスポーツに詳しい)でレントゲンやMRI,超音波などの画像検査を受けて三角骨の有無や踵骨骨端症(成長痛)を疑い確認しましょう。骨に異常があった場合となかった場合では対策がことなります.

①骨に異常があった場合:三角骨が痛みの原因である場合は痛み止めや湿布、レッスン量や内容の調整、技術的な問題改善でしばらく様子を見る場合と手術で三角骨を除去する場合があります.

②骨に異常がなかった場合:湿布、痛み止め、徒手療法(筋肉腱骨格の調整)、レッスン量や内容の調整、技術的な問題改善などを行います.

③バレエ教室の先生と相談し、レッスン量や内容の調整しながらバレエのパや振りの見直し修正を図ります.

手術選択時の注意点

手術を選択する場合は、手術前にも足首周囲(かかとや脚含む)のトレーニングで鍛えておいたり施術で身体の調整を行いなるべく良好な状態にしておきましょう

三角骨障害の手術後は、足首の関節が硬くなりやすく可動制限の改善に悩まされるバレエダンサーの方も少なくありません.

足首ではまだあまり聞きませんが膝の手術の場合、手術前にトレーニングをした人達とトレーニングをしていない人達を比較すると手術前にトレーニングをした人達の方が手術後の経過が良好だったという報告があります.

但し、私見として三角骨障害についても同じことが言えると考えられます. 

 

バレエダンサー整体アミカルでのサポートについて

バレエダンサー整体アミカルでは手術が決まった方には、踵の骨格の位置の内反やつまりを整え、腱を少しでも通りやすい状態にしてあげる施術をしています. 

またレッスンは控えなければならないため代わりにトレーニングで筋力や体力、柔軟性を最大限引き上げたよい状態で手術を迎えて頂けるような状態に整えさせて頂きます.

また手術後も病院のリハビリの過不足を補う施術やトレーニング、通常レッスンに戻る前の準備レッスンなどのサポートが引き続き可能です.

バレエダンサー整体アミカル

ケガ、痛みは発生直後の素早い適切な治療が肝心!

LINEからのお問合せご相談

お気軽にご相談お問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3326-1017

ご相談はご予約は原則年中無休で受付
但し、施術繁忙時間帯は折り返しとなる場合があります.

お電話ご予約 03-3326-1017 

アミカルです。と電話に出ますので、

「ご予約」希望とおっしゃって下さい。

続けて、治療プラン、お名前・ご希望のお日にちお時間をお伺いしますので、

予め第3希望までご検討を下さい。

QRコード読み込み画面が開きますので、QRコードを読み込んでご登録下さい。

ご登録後に「足首捻挫リポジションプラン希望」、

お名前、ご希望のお日にちお時間を第3希望までお知らせ願います.

予約状況を確認次第返信させて頂きます。

ご予約ページが開きますので、フォームに沿ってご入力頂き送信ボタンを押してください。

予約状況を確認次第折り返し返信させて頂きます。

バレエ整体
バレエダンサー整体アミカル
サイドメニュー

友だち追加

感染拡大徹底宣言に
ご協力お願い致します.

・ご来所時の検温、手洗い消毒にご協力お願い致します.
・ご来所前に体調不良がある際にはご来院をお控えお願います.

独自の感染対策

  • ・コロナ感染に関わらず体調がすぐれない場合はお休みをお願い致します.
  • ・ご来所時にはマスク着用でお願い致します.
  • ・入口のエタノールで十分に手指の消毒をした上でご入室下さい.
  • ・未成年の方のお付き添い、ご同伴は初回時のみとさせて頂きます.
  • ・施術者は、フェイスシールド、マスク、グローブ着用で対応させて頂いております。
  • ・施術間の時間を確保し消毒、換気作業を徹底しております. そのためご予約枠が少なくなっております. ご理解お願いします.

お問合せはこちら

LINEから気軽に
ご相談,お問い合わせ
ご予約,キャンセルが
可能です。

お電話でのお問合せ、ご相談、ご予約
繁忙時間帯は折り返しとなります.

03-3326-1017

バレエダンサー整体アミカル
サイドメニュー