バレエダンサー整体アミカル 腰椎椎間板ヘルニアの改善方針について

本ページの内容について

  • ヘルニアとは
  • ヘルニアになぜなるの?
  • 痛みの原因は本当にヘルニアか?
  • ヘルニアは戻る!?
  • バレエダンサー整体アミカルのヘルニア改善方針              *施術のポイント                            *運動療法、トレーニングのポイント
  • 正しいトレーニングフォームと種目選択
  • リポジション料金表
  • ご相談お問い合わせフォーム
  • サポートをお受けになる流れ

ヘルニアとは

ヘルニアとは、飛び出したと言う意味あります。腰の背骨と背骨の間にあるクッションの役目を果たす椎間板(ついかんばん)からゼリーが飛び出し(ヘルニア)、そのゼリーが神経に触るため腰や脚足に痛みやしびれを来すものを腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアと言います。   

余談ですが脱腸(だっちょう)は鼠径(そけい:下腹部付近)ヘルニアと言い鼠径部(そけいぶ)で腸が飛び出した症状を言います。

ヘルニアになぜなるの?

いきなりヘルニアだったということもありますが、多くは腰の痛みや疲れという前兆や体質が続くことで徐々に椎間板への圧迫が増しヘルニアを発生することが多いようです。

バレエの場合も最初は急性の筋筋膜性腰痛やぎっくり腰程度だったものが、何回も繰り返すうちに徐々に背骨と背骨を支える力が弱まり椎間板に圧迫が加わりなるケースだったり、同じよう振りを繰り返し繰り返し行っていくうちに突然爆発するケースもあります。

痛みの原因は、本当にヘルニアか?

近年、腰痛専門の医師の間でも言われていることが、椎間板ヘルニアが痛みやしびれの原因にならないことが言われています。

つまり椎間板ヘルニアのあるなしと痛みやしびれのあるなしにあまり関係性がないということです。ただ一般的には、病院で検査をしてヘルニアがあると「これが原因」と決められることがあります。

ここで一つ言えることは、ヘルニアは痛みやしびれの原因かもしれませんが、ヘルニアと言うのは原因ではなく結果で出てしまっていることです。

深くはこのヘルニアを飛び出させる根本的な原因を考察しアプローチすることが重要になります。

ヘルニアは戻る!?

これも近年、腰痛専門の医師の間で言われていることですが腰への負担を減らすことや腰周辺を強化し、長期間症状を出さないことでヘルニア(突出)が元に戻るとも言われています。 

当バレエダンサー整体アミカルでも長期的に施術を受けていると検査でヘルニアが消失したり、狭窄が緩和されたケースがあります. 

筋肉、筋膜、結合組織(けつごうそしき)などのいわゆる軟部組織(なんぶそしき)が骨格を支える役割が大きく、これらの負担を取りさじ加減しながら鍛えることが重要と言えます.

バレエダンサー整体アミカル
ヘルニアの改善方針

1.  筋肉、筋膜、結合組織のリポジション®(元に戻す)と安定化を図り椎間板に掛かるヘルニアを形成する根本的原因に対する負担を減らす.  

2.ヘルニアの症状が出ている期間は、バレエは全休養もしくは条件付休養をおすすめしています。

3.ヘルニアを出させる根本的な発生原因となるバレエや日常での動作を探り出し、見直すための動作評価を行い適切なトレーニングメニューを組みます。

4.バレエの実践的な動きや負担とリンクする本当に必要な筋トレ種目やフォーム、取り組み方の見直しなどを行います。

5.柔軟性に頼っていないか、必要以上のストレッチを多くやり過ぎていないかなどについても見直しやチェックを行います。

写真1:ヘルニア的な症状を有する方の特長は、腰椎部分の平背化(たいらなせなか:フラットバック)があります。この背中の平らな配列や形状を本来の背骨のS字弯曲に近づけるようなる徒手リポジション®アプローチを取りスプリング性のある背中を作ります(。

写真2:肋骨と骨盤の間である腰の部分が狭くなり椎間板圧迫の原因となる場合もあるので徒手リポジション®によりスペースの拡大を図り圧迫を緩和します.

写真3:バレエダンサーに多い外反拇指など足の骨格アライメント不良があるとジャンプ、着地、回転の際にうまく力が伝わらず腰に負担が集中してしまいます。足の骨格の位置配列をリポジション®することで腰への負担を分散し身体全体を使えるように整えます。

写真4:ヘルニアのある方の特徴であるフラットバック(平背)があるとアラベスクなどの動作の際に背骨の伸展(伸ばす動作)の可動性がよくないため膝が曲がりやすく(ハムストリングス(もも裏)を過剰に使い疲労が蓄積しやすくなります。これらはハムストリングスの肉離れを発生させる原因にもなるためハムストリングスへの負担を軽減します。

写真1:ヘルニア症状のある方の特徴である背骨のフラットバック(平背)配列を本来の背骨の形状であるS字配列に近づける.
 

肋骨、骨盤間のスペース拡大リポジション®

写真2:肋骨と骨盤の間腰の部分の狭小化(きょうしょうか:せまくなる)を拡大し圧迫を緩和する.

足部の骨格リポジション®

写真3:外反拇指など骨格のアライメント不良をリポジション®することで着地、ジャンプ、回転の際にk力が伝わりやすい状態に整える.

ハムストリングスの負担緩和

写真4:徒手リポジション®によりハムストリングス(大腿二頭筋群:ももうらの筋肉)の負担を軽減する

バレエダンサーのヘルニア運動療法、トレーニングのポイント

 

 

股関節や背筋、腹筋が使えているか確認

体幹の筋肉が使え全身で支えているか確認

画像の説明を入力してください

もも裏とバランスのトレーニング
ジャンプのトレーニング
リフトやジャンプのトレーニング

内もものトレーニング

正しいトレーニングフォームと種目選択

ヘルニアをもっているダンサーの方でウエイトトレーニングで筋力強化をしている方もいます。しかし、筋力強化は当然必要がありますが、がかえって負担を増すような種目や重さを使いトレーニングさされている事例も少なくありません。

トレーニングの適切な種目選択、

トレーニングの適切なフォーム改造、

トレーニングの適切な重量選択、

をバレエ動作や振り付けの特性から腰への負担を考え、必要のない種目や本当にやるべき種目をアドバイスさせて頂きます。

 

以下にトレーニング改造例を挙げます。

◎フルバックスクワット高重量→ハーフフロントスクワット中程度の重量に変更+ショルダープレスやスナッチクリーンなどウエイトリフティングの習得

改善ポイント:バレエの動作で重い物をもってフルスクワットまでしゃがむ必要がないためフルスクワットからハーフスクワットに変更。また女性をリフトする場合でも背中で担ぐことはないので、本来、女性を担ぐ身体の前に負荷の掛かるフロントスクワットに変更。尚且つ、女性の体重よりやや重いくらいの重量に変更.また10RM以下の高重量は扱わず限界15RM程度にしてセット数を増やしスタミナ増強を図る。さらに、重い物を力で挙げることよりも如何に効率よく物体を挙上することを覚えるためにウエイトリフティング種目を実施.

 

◎デッドリフト高重量→ベントローかストレートレッグデッドリフトの中程度以下の重量で高回数に変更

改善ポイント:デッドリフトのような筋力は必要ではありますが、実際にデッドリフトのような動作を繰り返すことはない。それよりもデッドリフトのスタートポジションと同じパワーポジション)とベントローの体勢をキープすることを目的とする。またデッドリルフトのようにハムストリングスを強化したい場合もバレエでは膝を伸ばた状態で使うためストレートレッグデッドリフトに見直し、さらに負荷を下げ余計な負担を腰にかけません。またストレッチで柔軟性を維持したりするのではなく、筋トレの中に可動性を増やす要素を加えていきます。

 

ヘルニアのサポートをお受けになる流れ

 

ご予約のお電話をお願い致します。03-3326-1017 

未成年者の方は、ご父兄の方からお電話頂いた抱いても結構です。

LINE申し込み

LINEからもお問い合わせ、
ご予約が気軽に出来ます。

受療される方のお名前(フルネーム)、お電話番号、ご希望施術部位(症状の場合は簡単に)、ご希望のお日にち、お時間帯をお伺いさせて頂きます。

 

*持ち物

◎施術時のお着替えは出来る限り筋肉骨格の動きや姿勢が確認しやすいTシャツと短パンをご用意下さい。

◎パーソナルトレーニング時のお着替えは、Tシャツ短パンをレオタードご持参下さい。トレーニング時にはTシャツ短パンの下にレオタードを着用して頂きます。バレエシューズをお持ち下さい。

尚、Tシャツ、短パンなどお着替えはナイロン系のツルツルと滑る素材はご遠慮下さい。

その他:症状がバレエシューズかポワントを履いた時に出る場合はご持参下さい。

ご来院をお願い致します。

受療される方が未成年者の場合は、初回時に一緒にご説明致しますのでご同伴頂いても結構です。

*現在、コロナ感染予防対策として成人の方のお付き添い同伴はご遠慮願っております。

バレエの看板が目印です

建物入り口扉です。

ドアを開けると右手にバレエスタジオ入り口階段がありますので気を付けて降りて下さい。

バレエダンサー整体アミカル 近隣地図

小田急線成城学園ご利用の場合は成城学園西口バス乗り場1番のバスに乗車後約5分「南入間町」下車徒歩30秒
京王線仙川駅ご利用の場合は徒歩12分、タクシー基本かワンメーター

治療を開始させて頂きます。