ぎっくり腰を直す実践から生まれた、
筋骨格の位置や配列を元に戻す治療と運動理論.
Reposition® body Mechanics

バレエダンサー整体アミカルのオリジナル施術原理
          Reposition® body Mechanics
本来あるべきポジションに戻す”から”痛み解消が早い” ”機能改善が早い”

オリジナル施療理論及び方法

オリジナル施術運動原理 
リポジション®について

リポジション®の名称呼称は、代表田上によって商標登録されています。

リポジション®とは、「位置を元に戻す」「整復(せいふく)」するという意味があります。

当バレエダンサー整体アミカルBody-Repoタガミ代表の田上自信が度々ぎっくり腰を繰り返し起こす中で、トレーナーや施術業務に多く支障を来すギックリ腰如何に早くぎっくり腰を治すためにはどうしたらいいのかを自らの身体を実験台として、色々な療法、運動法を試み試行錯誤、研究、経験を積んだ中で生まれましたオリジナルの治療理論と技術です。

考案する中で、重要であったことは多くの書物を読む中で「ぎっくり腰」について詳しく的をついて書かれたものは一切なくまずは、ぎっくり腰はどうなっているのか?どういう状態なのか?損傷病態論の仮説を立てることでした。

そんな中、治療牽引装置のワイヤーが滑車から脱線したことにヒントを得て「損傷している部分は正常な組織構造になく、筋肉や筋膜、腱、骨格、関節の位置や形状、配列などにズレや歪が生じているのでは?と言う仮説を立てました。 

そこで、揉む、解すなど漠然とした操作ではなく「この筋肉が正常方向に対し、この方向にズレているという仮説を立て「元に戻し整える」ように操作をすることで症状が緩和され回復が進むことからリポジション®することが極めて重要であることがわかりました。

また近年では結合組織(筋膜と筋膜を繋ぐ組織)や神経レベルにおいてもリポジション®することでより回復が促されます.

バレエで多い足首の捻挫(靭帯損傷)においても捻った直後に患部をリポジション®することで痛みや腫れが早く引きます.  これにより後の回復トレーニング(リハビリ)に早く移行することが可能であり痛みを我慢せずにトレーニング出来ます.

運動においても、そもそも筋骨格にズレや歪みが生じていると正しい関節運動や筋収縮が妨げられてしまいます。

バレエを行う前に筋骨格を正しい位置、配列に整えることで運動が遂行しやすくなります.

オリジナル施術理論原理 リポジション商標登録済

 バレエ整体 バレエダンサー整体アミカル