バレエダンサーの急性筋筋膜性腰痛(ぎっくり腰含む)のバレエ復帰、再発予防のサポート専門バレエ整体

バレエスタジオ無料利用付 バレエダンサーのためのバレエ整体
バレエダンサー整体アミカル

〒182-0004 東京都調布市入間町1-39-35 ハイムM&S成城北地下1階 バレエアミカル内成城学園前駅からバス6分+徒歩30秒
 

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3326-1017
急性筋筋膜性腰痛(ぎっくり腰含む)
なかなか治らない・・・ また起きた・・・
お悩みではありませんか!

 

バレエダンサー整体アミカル
Body-Repoタガミ 代表 田上 潔(たがみ きよし)

バレエダンサー整体アミカルでは、長年大学柔道部トレーナーとして、またダンサーの方も含む年間4,000件以上の急性筋筋膜性腰痛(ぎっくり腰含む)患者様と対峙すると同時に全国の腰痛専門治療家の先生方への治療講師としても携わって参りました.

また、私自身がぎっくり腰で何回も苦しんだ経験から何とか早く治せないかと思案したため急性筋筋膜性腰痛の治療に関しては非常に思い入れが深くあります.

ここで得た多くの経験と実績、ノウハウを急性筋筋膜性腰痛で苦しんでいるバレエダンサー方のために活かし、早期回復と再発予防に専門的に対応するバレエ整体として貢献できるよう日々研鑽して参ります.

日本で初の急性筋筋膜性腰痛に特化した
腰痛治療家向けのDVD

(株)医療情報研究所より2012年2014年に発売

バレエ専門対応致します.

バレエダンサーへの専門対応とは、バレエ独特の身体や筋肉の使い方(以下、バレエ特性)とバレエダンサーの身体の特徴(以下、バレエダンサー身体特性)を念頭に理解し考えた施術やトレーニングの手法をご提供することにあります.

 

バレエ特性とバレエダンサー身体特性の2つを考慮すると競技選手では当たり前となっているトレーニング種目やフォーム、負荷とは別次元で対応する必要があります.

但し、そもそも考えるとバレエの構え、動き、技術、習熟過程などの構成は非常に理にかなっていることがよく理解できます.

特によく言われるターンアウトや引き上げ、軸、伸ばすを意識した身体の使い方をすることで身体の機能性が挙がることは、逆に人間の筋骨格が急性筋筋膜性腰痛の発症や年齢と伴に、内巻き、内捻り、内旋、曲がる(伸びない)、外傾きに変位変形することから非常に頷けます.

こんな急性筋筋膜性腰痛独特の症状に悩まされていませんか?

✔最初は、ちょっとした違和感で、揉んだり解したり前屈すればよくなるかな~なんて思っていたら、時間が経つにつれて段々ひどくなってきた・・

✔冷えが原因かと思ってお風呂に入ったら余計に悪化した・・

✔動いた方がいいと聞いたので動いたらさらに痛くなった・・

✔骨だと思って整形言ったら「レントゲンで異常なく」湿布で済まされた・・

✔少しよくなったけど、あるところからあまりよくなってないような・・

✔休むわけにいかないので騙し騙しやってるけどよくなる兆しが見えない・・

✔一回よくなったけど、また痛くなってきた・・

           一体、どうしたら早くよくなるの・・・

どこに行っても、何をしてもよくならない急性筋筋膜性腰痛(ぎっくり腰含む)は、長年の経験実績豊富なバレエダンサー整体アミカルにお任せ下さい!

このページは、当バレエダンサー整体アミカルの急性 筋,筋膜性腰痛(きゅうせい きん,きんまくせいようつう)の改善方針(治し方)などについて書かれたページです。

本ページの内容について

  • 急性筋筋膜性腰痛(ぎっくり腰含む)は
  • 油断すると怖い、急性筋筋膜性腰痛
  • クセ、ヘルニア、分離症への進行を防ぐために
  • なぜ、揉んだり、伸ばしたりしてはいけないのか?
  • 針やマッサージ、カイロではなぜ治らないのか?
  • バレエダンサー整体アミカルの急性筋筋膜性腰痛の治療方針と方法「骨盤や股関節をアン.ディオールにリポジション®」
  • バレエダンサー整体アミカルの施術方法=なぜ、アミカルの急性腰痛筋筋膜性腰痛治療は効くのかその理由
  • 料金表
  • お問い合わせご相談ページへのリンク
  • 急性筋筋膜性腰痛のサポートをお受けになるまでの流れ

急性 筋,筋膜性腰痛(きゅうせい きん,きんまくせいようつう)とは.

急性 筋筋膜性腰痛(きゅうせいきんきんまくせいようつう)とは、レントゲンやMRIなどで骨や軟骨に異常が見られず、筋肉や筋膜(きんにくを覆う膜)の捻挫や肉離れが原因とされる急に痛くなった腰痛を言います。代表的な症状はぎっくり腰が有名です。

ちなみにぎっくり腰は重いものや急に負荷が掛かった動作の際にギックとかバキとか轢音(れきおん)と伴に発生する腰痛をいいます. 急性筋筋膜性腰痛は原因となる強い急な負荷が特定できず反復的、蓄積的原因から徐々に症状が重たくなる腰痛を示します.

バレエでは、男性バレエダンサーがリフトで傷めることがあります。女性バレエダンサーの場合は、捻りやジャンプなどの同じ動作を繰り返し、同じ部分に負担が徐々に加わることで傷めてしまい発生することがあります。

またバレエに限らず、日常生活の顔を洗う、物を拾う、便座の蓋を開けるなどの前屈み動作や園芸など長時間座って立ち上がる際に急に腰が伸ばされた際などにも発生します。

油断すると怖い、急性 筋,筋膜性腰痛

急性筋筋膜性腰痛で一番気を付けなければならないことは、癖(クセ)になることです。

癖になると大事な場面にぶつかった時に本番に出れなかったり、痛みを我慢して無理に出なければいけなくなったりすることもあります。 

またレントゲンに写ってないからと言って油断していると、筋肉や筋膜が徐々に軟骨や骨を支えたり動かしたりする力が弱くなり軟骨や骨へと負担が進みます。

そうすると腰椎分離症(ようついぶんりしょう)や椎間板ヘルニアなど重い症状へと進行してしまうことも多々あります。

癖、ヘルニア、分離症への進行を防ぐためには

クセやヘルニア、腰椎分離症へ重い症状への進行を防ぐためには、もし急性筋筋膜性腰痛だと思ったら、捻ったり伸ばしたり離れたりした筋肉や筋膜をいつまでもそのままにしておかずに元に戻す整える治療をなるべく早く受けることです。ちなみに傷めているので揉んだり解したりは厳禁です.

特に小、中学生のうちは将来のことを考えて絶対に無理をせずバレエレッスンをお休みしたりすることも大切です。

痛みがなくなったからと言って即座にレッスンを再開すると十分に強さが回復していないためまた繰り返す(クセ)こともあります

 

なぜ、揉んだり、伸ばしたりしては行けないのか?

なぜ、急性筋筋膜性腰痛はストレッチやマッサージ、入浴などをしていはいけないのか?それは、痛い箇所を傷めているからです!傷めた部分を伸ばしたり、押したり、したらどうなるでしょうか? 最近は動かせなどと言うことも言われていますが結局「動く範囲内で」という条件付きです.

なので動かすと言うのは早く治して痛くなくなってから動かせば十分です.

なのでYoutubeでやってる対処法などは絶対に控えましょう。

なぜ、針、マッサージ、カイロでは治らないのか?

厳密に言うのであれば、なぜ針やマッサージ、カイロ、整形ではなぜ治る確率が低いのか?と言った方がいいでしょう。

答えは簡単、

治療する患部が見つけ出せなかったりわからないからなのです。

そのため患部がどういう状態になっているのかがわからないからどんな風に施術をすればいいのかわからないのです. 

なので掛かりつけのゴッドハンドの先生がいつもの倍の時間を掛けても冷や汗ばかりかいて一向に結果を出せないのは患部がどこなのか、患部がどこか?わからずに漠然と治療をしているからなのです.

バレエダンサー整体アミカルの
急性筋筋膜性腰痛の治療方法や方針
骨盤、股関節をアン.ディオールにリポジション®

急性筋筋膜性腰痛は、初期に元に戻し整える治療をすれば早く症状も取れます。

そのためには、捻じれ、伸ばし、離れ、を元に戻し整える治療であるバレエダンサー整体アミカル独自のリポジション®をおすすめします。

リポジション®は捻じれたり伸びたり離れたりして傷めた部分に揉んだりストレッチしたりバキバキする負担を掛けることなく元の状態に戻し整える施術法です。

特に捻挫や肉離れによる急性筋筋膜性腰痛の場合の多くは腰や背中の筋筋膜結合組織を伸張損傷(伸ばして傷める)することで骨盤や大腿骨が内方や下方にズレてしまっています.  これはバレエでいうアン,ディオールやターンアウト、引き上げと言われる方向や意識とは全く逆の方向にズレてしまうのです。

バレエダンサー整体アミカルの
急性筋筋膜性治療はなぜ効くのか!!

バレエダンサー整体アミカルのぎっくり腰治療はなぜ他よりも早く治るのか? 

その理由をお伝えします.

実は、田上は20代後半~40代にかけて度々急性筋筋膜性腰痛(ぎっくり腰含む)を繰り返し悩まされ何とか早く治せないかと自らの身体を実験台に試行錯誤、研究を繰り返した結果早く確実に治す方法を編み出しました。その理論方法こそが皆様にご提供させて頂いているリポジション®です.

結果、急性筋筋膜性腰痛は揉んでも解しても針を打つよりも、

早く確実に最短で治すためには元に戻し整えること(リポジション®)が最速最短である事実です.

バレエダンサー整体アミカル
急性筋筋膜性腰痛へのリポジション®

傷めた腰の部分を直接(患部直接療法)施術するから、 

筋肉筋膜結合組織の伸びや捻じれと
骨盤のアン.デダン,ターンイン
アン.ディオール、ターンアウトの方向にリポジションすると痛みは速く引きます!

Results
まずは基本中の基本.   患部を見つけ出し、患部がどう言う状態かを探ります.

横向き寝の状態で触診の様子
座る、立つ、寝るなど色々な体勢から観ます。

 

急性筋筋膜性腰痛の痛みや腫れなど炎症症状を早く直すためには、捻じれ、伸ばし、離れたを探し出し、速やかに元に戻し整える(リポジション®)ことが早く回復するためには非常に重要です

バレエダンサー整体アミカルでは、長年の急性腰痛(ぎっくり腰含む)経験研究によって捻じれ、伸ばし、離れた部分を速やかに探し出すことが可能です。

患部を直接リポジション®(元に戻し整える)できるため痛みなどの炎症症状を早く取り去ることが可能です。

的確に患部を探し出しリポジション®します。

患部を直接治療(リポジション®)することで痛みなどの炎症が早く取ることが可能です。

筋肉筋膜結合組織の捻じれ、伸ばし、離れによる骨盤や大腿骨がアン.ディオール,ターンアウトの定位置に戻ると安定化し早く動けるようにっていきます。

捻挫や肉離れなどの急性,筋筋膜性,腰痛は症状の一つとして骨盤など骨格に歪みが出ることがあります。これは骨格を支えている筋肉、筋膜、結合組織(けつごうそしき)が伸びていたり捻じれたり離れたりしているため骨格が正常ではない方向や角度に向いてしまうのです・・。

この歪みが残ると今の急性腰痛の治りが遅くなったり、クセになったり、身体のバランスが崩れる原因になります。

バレエダンサー整体アミカルでは筋肉骨格の歪みを丁寧にリポジション®し回復を早めます

20代大学生バレエダンサー
右骨盤のターンインによる
右ウエストラインの歪み

左画像の施術2回目
骨盤をターンアウトにリポジションし
ウエストラインの左右差が減少

筋肉骨格の位置を整え修復を早めるリポジションテーピング

さらにテーピングで捻じれ,伸ばし,離れ の部分の回復を促進します。

当アミカルの治療で回復が早い理由の一つにテーピングが挙げられます。当アミカルのテーピングと一般的なテーピングやスポーツテーピングとの大きな違いは、テーピングをする前もしくはテーピングしながら骨格の位置や角度、関節のズレ、筋肉の形を整え(Reposition)ながらテーピングすることです。このテーピングで捻じれや伸び、離れを元の位置に近づけることで直りが働きやすくなり回復が早まります。 

 但し、テーピングには問題点が2つあります。一つには特にお肌がデリケートな女性の場合です。もう一転はバレエダンサーやアスリートに多いテーピングに頼りたくない派です。

お肌がデリケートな方はテーピングの代わりにサージカルテープと言って糊が薄い網目状のシートを代用させて頂く場合があります。

テーピングは原則、ご本人のご希望をお伺いした上でさせて頂きますが、テーピングをした方が回復が早いことは確かです

実際のテープは肌色を使用します。

実際のテープは肌色を使用します。

クセにしないためには、痛みが取れてからの治療が命.

根本原因を発見するために身体の機能をチェックをします。

急性的な腰の痛みが引いたら、そこでお仕舞といいたくなりますが、それではクセになってしまう可能性があります.  そのためには痛みが引いてからがとても大切です.   

発生原因となる身体の柔軟性、可動域、動きのクセなどを日常的及びバレエ的両側面からチェックします。根本的な原因を発見することで急性筋筋膜性腰痛のクセを抑え爆弾を抱えない身体に整えます.

バレエ的な動きのチェック

腰がどれくらい伸ばせるか、よりもどのような伸ばし方をするのかをチェックします。

バレエ的な動きのチェック

よく繰り返すバレエ動作で、
動作的に問題がないかを確認します。

一般的な動きのテスト
ディープスクワット

背筋や股関節、足関節がしっかりと連動して使えているかを観ます。

一般的な動きのテスト
ダイアゴナルバランス

この動きを何回か繰り返し、
バランスよく安定しているかをチェックします。

腰体側可動性

クセになるとポール,ド,ブラが怖くなったりするため体側の可動性や肋骨の引き上げが
コントロールできているかをチェック。

起き上がり腹筋テスト

腹筋を使えていない前屈をすると
ぎっくり腰になるので前屈腹筋をチェック

身体機能テストの確認

トレーナーと課題を共有しメニューを組みます。

身体機能テストでわかった課題(問題点など)をトレーナーが説明致します。その課題を元にトレーナーがトレーニングメニューを作成します。

課題をわかりやすく説明します。

急性,筋筋膜性腰痛を繰り返さないための課題を解決します

トレーニングで課題を補強

組まれたメユーを元にトレーナーとマンツーマンでトレーニングを実施します。

女性ダンサーの場合上半身の力や胸の可動性が不足していることで腰に負担が加わることもあります。

体幹が上手に使えているか確認しながら
施術やトレーニングをすすめます

急性腰痛(ぎっくり腰含)のサポートをお受けになる流れ

 

LINEで簡単、気軽に
ご予約、変更、キャンセルが出来ます!
*家事やお仕事、移動の間に手軽にご予約や変更、問い合わせが可能です。

お電話でのご予約。03-3326-1017 

未成年者の方は、ご父兄の方からお電話頂いた抱いても結構です。

受療される方のお名前(フルネーム)、お電話番号、ご希望施術部位(症状の場合は簡単に)、ご希望のお日にち、お時間帯をお伺いさせて頂きます。

 

*持ち物

◎施術時のお着替えは出来る限り筋肉骨格の動きや姿勢が確認しやすいTシャツと短パンをご用意下さい。

◎パーソナルトレーニング時のお着替えは、Tシャツ短パンをレオタードご持参下さい。トレーニング時にはTシャツ短パンの下にレオタードを着用して頂きます。バレエシューズをお持ち下さい。

尚、Tシャツ、短パンなどお着替えはナイロン系のツルツルと滑る素材はご遠慮下さい。

その他:症状がバレエシューズかポワントを履いた時に出る場合はご持参下さい。

ご来院をお願い致します。

受療される方が未成年者の場合は、初回時に一緒にご説明致しますのでご同伴頂いても結構です。

*コロナ感染拡大予防対策として、成人の方のお付き添いはご遠慮願っております。

バレエの看板が目印です

建物入り口扉です。

ドアを開けると右手にバレエスタジオ入り口階段がありますので気を付けて降りて下さい。

バレエダンサー整体アミカ近隣地図

小田急線成城学園ご利用の場合は成城学園西口バス乗り場1番のバスに乗車後約5分「南入間町」下車徒歩30秒
京王線仙川駅ご利用の場合は徒歩12分、タクシー基本かワンメーター

治療を開始させて頂きます。

アミカルでは、ベッドにタオルやシーツなど不衛生なものは従来より使用しておりません.

 

施術スペース隣はトレーニングレッスンスペースです。