バレエダンサー整体アミカル
よくあるご質問

バレエダンサー整体アミカルのよくお寄せいただくご質問に回答させて頂いております。  尚、質問や回答内容の一部は難しい語句や文章をわかりやすく変更しています。ご了承下さい。

よくある各種ご質問への回答

母と一緒に伺うことは可能でしょうか?

はい。未成年の方は初回時にご父兄の方に一緒に説明を聞いて頂きます。

初回の施術時などに同伴のご父兄の方には、ご一緒に説明を聞いて頂くことは可能です。但し施術時やエクササイズコーチング時は、サービスに集中して頂くためご同伴のご父兄の方は待合椅子(スペース)でお待ち頂きます。ご了承下さい。

半月板損傷をして半年経過します。手術せず病院のリハビリでスクワットやマシーンで筋力強化など行っているのですが未だにジャンプの着地に怖さがあります。一体治るのでしょうか?手術した方がいいのでしょうか迷ってます。

原因追及が先決ですね。

治るか治らないかについてはこの場ではお答えすることが出来ません。ジャンプでどのような着地動作をするのか?本当に半月板なのか?スクワットが半月板に効く?筋力不足が原因? など常識を疑って原因を探り出し治療をしていく必要があります。手術は慌てて行わない、過大な期待を寄せない、原因が本当に手術が必要かどうか判断した上で最後の手段として取っておいてください。

鍼とマッサージで1回で足首の痛みが治ったのですが3日経ちまた痛みが出てきていますがなぜでしょうか?

「痛みが取れる≠治った」 

痛みが取れて治ってはいないのではないでしょうか。1回で痛みが楽になることや感じなることはありますがどんな優れた治療でも1回で治ることはありません。「痛みが取れる」と「治る」は全く別次元の話です。また人の身体は時間が経過すると徐々に元に戻ろうとします。これを恒常性の原理と言います。恒常性の原理が働いていないためまた元に戻って痛み出したのだと思います。しっかりと恒常性の原理が働く治療なりトレーニングなりをして原因から治しましょう。

バレエを休むほどではないのですがそちらを利用できますか?

はい、ご利用可能です。

バレエレッスン後の身体のメンテナンスやトレーニング、体調管理としてもご利用になれます。

アン.ディオール整体はされていますか?

専門的に行っておりません。

バレエ外傷(ケガ)とバレエ障害への治療所としての専門性を高めるためアン.ディオールの改善に特化した施術は行っておりません。

但し、ショパール関節リスフラン関節捻挫、外反母趾、三角骨障害、シンスプリントなどのバレエ外傷バレエ障害の一因となっているようであれば当然の如く修正は行います.

テーピングを教えて頂きたいのですが?

はい、可能です。

現在のところ、テーピング指導の際には、通常施術と同じく、症状の発生経緯や現在の状態などの確認を行い、個々の症状に適したテーピング方法をご提供させて頂くため施術扱い料金で対応させて頂いております。尚、テーピングをしているところを動画で撮影して頂いても構いません。

初回検査料 3,000円(学割50%off) +バレエリポジション7,000円=11,000円(税別)

*学生、未成年の方は必ず身分証明書をご持参下さい。

テーピングだけして頂くことは可能でしょうか?

テーピングだけは行っておりません。

テーピングに際にましては、必ず症状の確認とテーピング対象部位のリポジション®を実施し整ったお身体に対しテーピングをさせて頂くため原則テーピングのみの対応がございません。ご了承下さい。

本を買って日々ストレッチやトレーニングをしているのですが脚がなかなか上がらず一番困っているのはキープできません。  そちらでトレーニングをすることで上がるようになるのでしょうか?

詳しくは実際にお身体の状態を確認させて頂いてからのご回答となります。

詳しいお話やお身体の状態を見た上でないと回答ができません。

ご了承下さい。

お申込み前に色々と相談したいのですけど、どうしたらいいのでしょうか?

メールもしくはラインからお気軽にどうぞ。

当サイト内に付属するメールフォームもしくはラインからお気軽にお寄せ下さい。最終的にご来院されなくてもお問合せやご相談だけでも大歓迎です。

バレエが出来ない間に、そちらで定期的にトレーニングを受けたいと思っているのですが、余計に筋肉がついて身体が硬くなることはありませんか?   一般的なジムのパーソナルトレーニングを受けて懲りた経験があります。ご回答よろしくお願いします。

バレエ特性をよく考えムキムキ、硬い筋肉が付かないように工夫しています。どうぞご安心下さい。

当アミカルでバレエダンサーの方に処方させて頂いているトレーニングは、筋肉を付けるトレーニングというよりも筋肉を使えるようにするトレーニングと言った方がいいでしょう。負荷は、自体重、トレーナーの徒手抵抗、チューブ、軽いダンベル、ピラティスベッドなどを使い不必要に重い重量や回数の設定は致しませんのでご安心下さい.  また実際のバレエの動きに近いや抵抗に負荷を掛けて行きます。エクササイズの途中でバレエの動きを入れることも可能なため刺激された筋肉にバレエの動きを覚え込ませるような工夫を行い、バレエダンサーの方が気にするムキムキの硬い筋肉が付かず、動きがよくなるトレーニグをご提供させて頂いております。

社交ダンスですがバレエ整体にかかれますか?

対応させていただいております。

バレエ整体の場合、バレエダンサーに多い足脚腰への対応を前提にした施術構成になっております。社交ダンスも足脚の外傷障害が多いためバレエ整体での対応も可能です。 但し、スタジオ無料利用の際にはスタジオフロアの構造関係上、バレエシューズをご利用頂くご準備が必要になります。ご了承下さい。

足首を捻挫し3週間程経ちます。レントゲンやMRIで異常がないのですが、痛みや腫れが引きません。どうしてでしょうか?

具体的な回答と一刻も早く回復して頂くために、是非一度ご来院されることをお勧めします。

結果から申し上げますと今アドバイスできるのは、レントゲンやMRIで異常が検出されないのであれば、骨ではなく関節を取り巻く靭帯や腱が関与している可能性が考えれらます。靭帯や腱は修復に時間が掛かかります。また未処置のままですと回復も進みません。もし出来ましたら一度早めにご来院されることを勧め致します。

レッスン後に痛かったり、痛くなかったりするので痛い時はアイシングより湿布をしています。これは正解ですか?

不正解です。

湿布にしろ、アイシングにしろ表面的な痛み(二次的炎症)を誤魔化しているに過ぎず根本的原因の解決になっていません。このまま繰り返すと慢性化します(もうしているかも?)。痛みは原因ではない。「痛みが取れた≠治った」です。本当の原因を知り、それに合った正しい対応をしていきましょう。